導入事例 原価管理の強化で正確な損益管理と予実管理を実現

事業内容 建設コンサルタント業
社員数 100~499人
完工高 100~499億円
原価管理の強化で正確な損益管理と予実管理を実現
  • システムの各機能間におけるシステム間連携を密にすることにより、2重登録等を極力排除したい。
    2重入力はデータ入力の手間が増えるだけではなく、整合性を保つためのチェックや変更があった際のデータのメンテナンスの手間、情報のリアルタイム性が落ちるなど複数の課題があった。
  • 原価管理の強化を行いたい。プロジェクト番号や事業セグメント毎、部門毎の損益管理の徹底を行いよりリアルタイムな予実管理を実現したい。
  • 企業戦略及び内外環境の変化に応じて、システムの機能追加や変更があった場合にも柔軟に対応できるシステムにしたい。
    また、プログラムの改修を最小限に抑え、運用コスト及び改修コストの削減も図りたい。
  • システムによる履歴管理機能、承認機能、セキュリティ管理機能等、内部統制に係わる機能を充実させることにより、業務プロセス統制し、業務の効率性及び正確性を担保したい。
  • 新システムへの切替時期が変更できないため、限られた期間での新システムへの移行が行いたい。(システム導入期間9ヶ月)

 導入システム  : 「建設業ERPシステム「PROCES.S」

ご提案の範囲

建設コンサルタント業へのご提案範囲

建設コンサルタント業システム化のポイント

 システム化のポイント 

勤怠システムと原価システムの連動

  • 予定労務費を用いて原価の早期把握ができるようにできること。
  • 給与計算が終わる前に原価を把握できるようにすること。
  • 勤怠情報システムで入力された勤怠データをもとに、予定労務費を自動算出し工事原価へ反映させることができること。
  • また、給与システムで算出された給与データをもとに、実労務費を算出し予定労務費と実労務費の差異が確認できること。

他部門応援業務の管理

  • 自部門から他部門のプロジェクトを応援した際に発生した自部門の労務費は他部門のプロジェクトに原価が反映されるシステムであること。
  • また、自部門から他部門のプロジェクトを応援した際に発生した労務費は他部門の労務費として管理でき、部門別損益管理ができること。

法改正への柔軟な対応

  • 消費税やIFASなどの法改正に対応ができるシステムであること。
  • カスタマイズを行わなくてもパッケージの設定値を変更することで、柔軟に設定変更できるシステムであること。
  • 帳票の検索条件が豊富にあり、帳票の加工をシステム上で行えること。

建設コンサルタント業の導入効果

 効果 

リアルタイム性の高い原価管理が行えるようになった

プロジェクト毎の勤怠管理の実現と、そのプロジェクト毎の勤怠情報を用いて予定労務費による原価管理を実現することによって給与計算の結果を待たずに原価の把握が可能になった。
また、データのスムーズな連携を実現することにより重複入力も削減された。

部門別損益の管理ができるようになり部門別の正しい状態が把握できるようになった

他部門のプロジェクトを応援支援した際に発生した自部門の労務費(原価)を仮勘定を立てて分けて管理できるようにカスタマイズを行った。
それによって、自部門から他部門を応援した際に発生した労務費はその他部門の労務費として管理できるようになり、部門別損益管理が正確に行うことができるようになった。

システム運用の管理手間が削減された

消費税やIFASなどの法改正について保守契約内で対応することができ、ランニングコストも抑えることができた。
また、システムのマスタ設定を変更することによって動作を変更できたり、帳票の列項目を並び替えたり、グープ化や表示/非表示することができ、柔軟な対応ができるようになった。

導入システム構成

建設コンサルタント業のシステム構成

建設コンサルタント業の今後の展望

今後、事業継続計画の一環として災害時におけるITシステムの安定稼働する対策を行っていくことを検討していく。
社内サーバ室の見直しやデータセンターの活用、クラウド環境の活用も視野に対策を行っていくことも考えている。
ただし、何も起きなかった場合は使用しない対策のため、安心への投資に対する費用金額に課題がある。

当社からの課題解決提案例

予備環境を別拠点に構築し、コールドスタンバイで待機。また日々のバックアップデータを拠点でバックアップ出来るようにシステムを構築。
災害などによりメインサーバー場合、拠点の予備サーバーを立ち上げ、バックアップデータから予備サーバーにデータを復旧し、システムの復旧が可能。

コールドスタンバイをもちいたシステム構築

  • 機材手配、インストール作業の時間を短縮することによって復旧までの時間を短縮ができる。
  • 利用しない場合の費用(ライセンス費用、電気代など)を抑えることができる。
建設コンサルタント業の今後の展望

建設業の細業種事例集

  • ◆本社と現場の二重入力の排除
  • ◆物販と工事のデータ連携
  • ◆会計システムと原価管理システムの統一
  • ◆リアルタイムな予実管理
  • ◆工事原価管理の強化・・・など

「建設業の細業種事例集」を
資料請求する

img_casebook_process

建設業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。