導入事例 経理部門の業務負荷を軽減し、予測数字の精度向上を達成

事業内容 土木・建築業
社員数 100~499人
完工高 50~99億円
経理部門の業務負荷を軽減し、予測数字の精度向上を達成
  • 部門や支店毎にそれぞれで情報を管理していた為に同じような情報を2重入力しており、情報をまとめるのにも時間がかかっている。
  • 通常工事と維持管理で情報を分けて見ることが出来ない為、どちらが利益を出しているのか判断できない。
  • 情報精度が高くなかった為、予想していた数字と実際の決算数字と差異が発生してしまう原因となっている。
  • 本社経理部門が全社数字の集計作業をしている為、月次締め処理と重なり業務負荷が高くなっている。

 導入システム  : 「建設業ERPシステム「PROCES.S」

ご提案の範囲

system_doken2

土木・建築業システム化のポイント

 システム化のポイント 

各部門で個別管理している情報の統合

  • 各部門や支店毎に個別で管理している資料をシステムに情報統合することで、極力削減し現在行っている2重入力やそれぞれの資料の確認作業を削減したい。

通常工事と維持管理業務の実績把握

  • 施工案件の数字と維持管理業務の数字で切り分けて情報を見ることで、業務毎に利益を出している部門がどこなのか判断できるようにしたい。

決算予想数字の精度向上

  • 施工中の工事の今後支出予想や今後契約となる予定の工事に関する情報を見える化することで、今までより精度の高い予想数字で管理し数字の精度を向上させたい。

経理部門の負荷分散

  • 各支店で入力された情報が自動的に集計されるようにすることで、本社経理部門が行っている集計作業の手間を削減したい。

土木・建築業の導入効果

 効果 

重複作業の撲滅による業務効率向上

個別に入力と集計を行っていた作業が撲滅されたことで、入力作業と確認作業が削減され業務効率の向上と入力されている数字の正確性が格段に向上した。

社内数字の正確な分析

施工案件と維持管理業務の区別だけでなく部門毎の損益も正確に把握できるようになり、今までよりも精度の高い経営分析による施策を実施することができるようになった。

予測数字の精度向上

工事毎の今後支出予想や契約前工事の状況をシステムで管理することで、決算予想などの予測数字を求める根拠とすることが可能になり、より精度の高い予想に基く経営判断が可能になった。

負荷分散の実現

案件情報と工事情報を各支店での入力が可能になり集計作業も不要となった事で、本社経理部門の業務負荷を軽減することが可能になった。

導入システム構成

summary_doken2

土木・建築業の今後の展望

更なる業務効率向上

今回更新対象外とした給与業務のシステム統合や、各支店で経理業務まで行うことで更なる負荷分散を実現し、全社的な業務効率向上を目指す予定。

Web会議利用による業務改善

Web会議を利用することで支店への操作指導の効率化を図るだけでなく、月度会議にかかっていた経費を削減する予定。

建設業の細業種事例集

  • ◆本社と現場の二重入力の排除
  • ◆物販と工事のデータ連携
  • ◆会計システムと原価管理システムの統一
  • ◆リアルタイムな予実管理
  • ◆工事原価管理の強化・・・など

「建設業の細業種事例集」を
資料請求する

img_casebook_process

建設業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。