ERPとは

ERPは会計や人事、生産管理など、さまざまな業務や、各資料を簡単にまとめ統合できるシステムのことで、「統合基幹業務システム」や「業務統合パッケージ」などと呼ばれております。

特に建設業における会計処理は、一般的な商業簿記や工業簿記ではなく、「建設業会計」と呼ばれる独特の経理方法が採用されています。
建設業界の特徴として、通常1つの工事が完成するまでに数年間掛かることが一般的でもあるため通常、1年を通して計算される企業業績の会計制度とはギャップがあり利用する管理システムも「進行基準での完成振替」「JV工事処理」「見積計上」など建設業特有の会計処理に対応している必要があります。

オフコンでの管理とERPでの管理の違い

例えば、財務管理システムと原価管理システムが別々だと、経理情報を財務管理システムと原価管理システムそれぞれに対して入力作業が必要になります。
入力データの修正が発生した場合、それぞれのシステムに対して修正を行う必要がありデータの入力ミスが起きる可能性も高くなります。
データを一元管理することによって、無駄な作業を削減できるばかりでなく、蓄積するデータの正確性も向上します。

オフコンの場合

  • 旧式のオフコンで更新処理が遅い
  • オフコンは数台しかなく入力待ちになることもある
  • 集計データは印刷が必要なので時間がかかる
  • オフコン担当者が不在だとわからない
management_offcom

ERPの場合

  • PCを利用で処理が速く快適
  • どのPCからでもネットワークを通して入力可能
  • 集計データはPC画面でリアルタイムに確認できる
  • PCから誰でも様々なデータを閲覧できる
managemant_erp

建設業向けERPシステムができること

建設業での原価管理、資料の管理はコストもかかり大変

 建設業では多くの事務処理が必要とされており、処理内容ごとに担当部署、担当者が変わります。
また、会社によっては処理内容によって資料するシステム、ツールが異なります。
建設業に特化した「建設業向けERP」なら、全てを一元管理できるため、大変な業務改善が見込まれます。

costmanagement_02

建設業向けERP PROCES.Sが選ばれる理由

導入から保守までワンストップでサポートします

建設業に詳しい専門部隊が導入から運用までサポートします!

経験豊富な建設業の専門部隊が導入から保守までサポートいたします。
操作方法はもちろん、月次・年次更新などのご相談などもお任せください。

supportmember

消費税やマイナンバーなど法改正対応

resolution_06

安心の保守サービス

社内で法改正対応ができずにお困りの場合もお任せください。
改正に伴うパッケージ改修も保守サービスに含まれているので安心です。

建設業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。