PROCES.S導入の流れ

建設業ERPシステムの導入は、社内環境、各部署の調整・必要機能の確認など多くの確認事項があります。
内田洋行ITソリューションズではお客様個々に合わせた製品やカスタマイズによる課題解決のご提案をいたします。

お客様の本当の課題解決のため建設業に特化した専任チームがしっかりとサポートしますので安心して当社へお任せください。

お問い合わせから導入までの流れ

現状ヒアリング・分析(業務・課題)
いただいたご相談から、業務・課題・要望等のヒアリングを行います。
ご提案資料の提示
ヒアリングの内容を基に、必要となる機能の洗い出し、課題やご要望事項を整理させていただきます。
現状の課題を解決するための提案資料を準備し、お客様に最適な製品をご提案します。
※提出書類:ご提案書(製品ご紹介・導入スケジュール案)
デモ
必要に応じて、システムのデモを実施させて頂きます。
ヒアリング内容を元に必要となる機能の洗い出し、お客様に最適な製品をご提案します。
業務要件定義
対象業務のフローや入出力情報など、お客様がシステム化したい内容をヒアリングして、実装すべき機能や満たすべき性能などを明確にしていきます。
パッケージ適合分析
ERPの標準機能でどのぐらい現行(または今後希望する業務)を運用することができるか分析を行います。
基本設計
業務要件定義をもとに、システムの基本設計を行います。
基本設計では機能の一覧及び画面設計,帳票設計等を行います。
詳細設計
入力画面や、帳票など各プログラムごとに機能や動作・表示方法について構成や処理方法を決定します。
移行準備
既存データの編集や加工が必要となる場合がありますので、移行データの調整・準備を行います。
カスタマイズ
個別のご要望機能があるものについては、カスタマイズに対応します。
自社独自の慣習がある等、パッケージシステムでは対応できない場合はお客様の運用に合わせてカスタマイズを行います。
テスト
システム単体でのテストやシステムを連結した場合のテストを行います。
業務テスト
本番環境を想定した業務運用テストを実施します。
データ移行
既存の利用システム上の引き継ぎたいデータの移行を行います。
マスタ設定
本番稼動に基づき、マスタの設定を行います。
操作指導
建設業システムの専任スタッフが、担当者様へプログラム個別の指導やシステム特有の運用指導を行います。
本稼動
「PROCES.S」による運用を開始します。
サポート
お困りのことやご不明な点がないか定期的に状況をお伺いし、サポートいたします。
日々の問い合わせ、トラブル等に対応致します。
機能追加、バージョンアップ等もご相談ください。

建設業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。