帳票はシステム上で自由にデータ抽出や加工をしたい

建設業向けERPシステムPROCES.Sなら解決できます

帳票が固定フォーマットの為、システムの数字を見て担当者が個別で作成した帳票に数字を転記している。 などシステム運用において重要な課題となります。
PROCES.Sなら データベースの情報はユーザー毎に見たい視点で効率よく出力が行えます。

簡単で自由度の高いデータ抽出

  • データベースの情報はユーザー毎に見たい視点で効率よく出力が行えます。

帳票カスタマイズツールで帳票を自由に作成

  • パッケージの帳票をユーザー様で 自由に加工(項目追加/並び替え)する事が可能となる為、帳票カスタマイズを大幅に削減することが出来ます。
  • 作成したままのイメージで帳票に出力ができます。もちろんExcel出力、PDF出力も可能です。
output_01

▲PROCES.Sデータベースの情報は、ユーザー毎に見たい視点で効率良く出力が行えます。

用途に合わせてデータ活用が可能

固定帳票への出力のほかに、Excel出力にも対応しておりますので基幹システムのデータは用途に合わせてデータ分析用に二次加工をしてご利用いただけます。

選べる出力方式

  • PROCES.Sは工事別や業者別、工種別など実務に携わる方が見たい角度を意識した標準帳票を豊富に用意しております。
  • 各種照会画面から出力するため、用途に合わせて出力方法を固定帳票として出力したり、PDFファイルとしてデータで保存したり、Excelファイルとして二次加工するなど選択肢が豊富です。
output_02

▲帳票・PDF・Excel等、出力方法は用途に合わせて選択が可能です

「帳票はシステム上で自由にデータ抽出や加工をしたい」をご覧いただいたお客様は
以下の情報もご覧になっています

PROCES.S製品機能

財務債務管理・原価管理などPROCES.Sの機能をご確認できます

PROCES.S製品機能を見る
導入事例一覧

PROCES.Sを導入されたお客様の成功事例一覧

導入事例一覧を見る
導入の流れ

PROCES.Sの導入までの流れをご確認いただけます

導入の流れを見る

建設業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。