現場の原価管理を強化したい

どの経費をどの位削るべきか、材料のロス率は適正か、現在工事は黒字で進行しているか?など、現場から最大の利益を創出するためには、実行予算を作成して管理していくことが重要です。
PROCES.Sでは、現場の実行予算作成や現場の個別原価を本社でリアルタイムに吸い上げ、即座に経営判断資料に反映することが可能です!

個別原価管理から本社原価管理まで一気通貫

  • 現場における実行予算作成、発注管理、出来高査定をPROCES.Sの機能としてパッケージ化した「現場原価管理」をご用意しました。
  • 現場原価を本社でリアルタイムに吸い上げ、即座に経営判断資料に反映することが可能です。
現場系機能(実行予算~今後支出入力)と基幹系、情報系がシームレスに連携。
基幹システム側で入力された現場の経費もリアルタイムで現場原価管理側に反映。
PROCES.Sワークフロー機能との連携により、発注稟議ワークフロー等の機能を実現、現場文書(施工計画書、写真)等の管理も可能。

現場原価管理機能概要図

genbagenka

実行予算作成:予算工事登録

基幹システムと一元化されている為、工事マスタ・取引先マスタ・担当者マスタ等の共有化によりスムーズに運用出来ます。

  • 契約工事および未契約工事の実行予算作成が行えます。
  • PROCES.S(原価管理)の工事登録で登録した工事内容(工事名称・発注者・工期・請負金額等)が自動的に表示されます。変更も可能です。(請負金額等)
  • 工事担当者はマスタ化されてるので、検索で表示、選択でできます。また、直接手入力も可能です。
  • 権限設定で予算や発注の入力可能な人、参照可能な人を設定できます。また、部門別(建築・土木など)に設定も可能です。

1_yosankoji

【予算工事登録画面】

2_kengenfuyo

【権限付与登録画面】

実行予算作成:予算工種入力

実行予算作成をサポートする多種多様な機能を備え、スムーズに実行予算の作成が可能です。

  • 実行予算の作成は積算からの取込と手入力による作成両方可能。
  • 明細代価の取込や入力も可能です。
  • 工種は6階層まで設定可能です。
  • 工事全体の予算階層はツリー表示されます。

3_yosankoshu

【予算工種登録画面 – ツリー表示】

発注選択

発注選択→発注稟議→注文書発行で注文書の作成が可能です。実行予算をベースに注文書の作成を行いますが、選択方法として「工種別」「業者別」の2パターンを用意しています。

  • [工種別]先に発注予定業者を複数選択してから発注する明細を選択します。
    複数の発注稟議を同時に作成できます。
    明細選択は最下層の工種、明細まで可能。
  • [業者別]発注する工種を選択してから都度発注業者を選択します。
    明細選択は最下層の工種、明細まで可能。

5_hattyusentaku

【発注選択:(工種別)】

6_hattyusentaku

【発注選択:(業者別)】

現場原価管理入出力一覧

入力画面

  • 予算工事入力
  • 予算工種入力
  • 積算取込
  • 発注選択
  • 立替業者選択
  • 発注稟議入力
  • 注文書一括発行
  • 外注出来高査定
  • 請求書入力(定時)
  • 請求書入力(随時)
  • 本発注稟議との紐付け処理
  • 今後支出見込入力
  • マスタメンテナンス

出力画面

  • 実行予算書
  • 注文書
  • 見積依頼書
  • 請求実績一覧表
  • 支払一覧表
  • 外注出来高請求書
  • 外注出来高内訳書
  • 業者別発注別月別原価管理表

 

PROCES.S現場原価管理システムでは、積算取込機能や出来高査定、今後見込入力など、現場でのご利用に則した機能を多数ご用意しております。
積算取込機能や出来高査定、今後見込入力などの詳細を知りたい方は、下記お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

「現場の工事原価管理を強化したい」をご覧いただいたお客様は
以下の情報もご覧になっています

導入事例一覧

現場原価管理システムを含めたトータルシステムの構築

導入事例一覧を見る

建設業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。