自社の管理に合わせた工事原価管理をしたい

建設業では重要となる工事原価管理は、どの会社様でも実施していると思いますが、
原価管理に対する考え方や運用方法は、会社ごとの違いもあり、自社内でもバラバラの考え方のまま運用している場合があります。
バラツキの多い建設業の原価管理を自社の管理に合わせて管理するため、PROCES.Sは運用状況に合わせて「実行予算管理」「発注管理」「今後支出見込入力」の3ステップご用意しておりますので、段階に合わせた原価管理の強化を支援します。

STEP1.実行予算管理 - 予算と実績の管理 -

TYPE1:原価管理モジュールの実行予算入力を利用
⇒実行予算入力のみで出来ますが、現場の工種と管理レベルが異なる為、打ちかえる必要があります。

TYPE2:現場原価管理モジュールで作成した実行予算をそのまま原価管理モジュールへ連携
⇒現場で作成した実行予算でそのまま管理できます。別途現場原価管理モジュールが必要となります。

実行予算入力により利益を把握

工種別、要素別管理で更に精度の高い原価管理が可能

genka_jikkoyosan

STEP2.発注管理 - 発注残、注文残の管理 -

・PROCES.Sで注文書を作成 ⇒ 注文番号付番
・工事請求書入力時に注文番号登録
・請求書に注文番号記入(業者もしくは現場代理人)

注文外で使える費用がいくら残っているのかを早期に把握可能。

注文内 / 外管理も可能です。
発注管理によって「A」の部分を早期に把握することが可能となりますが、「A」に今後どれくらい原価が発生する予定であるかまでは把握する事が出来ません。

genka_hattyukanri

STEP3.今後支出見込入力 - 今後発生予定原価の把握 -

今後支出見込入力により今後の発生予定原価を早期に把握

 → 精度の高い最終予想利益が可能です。

genka_kongoshisyutsu

「自社の管理に合わせた原価管理をしたい」をご覧いただいたお客様は
以下の情報もご覧になっています

導入事例一覧

PROCES.Sを導入されたお客様の成功事例一覧

導入事例一覧を見る

建設業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。