新春ITソリューションフェア2017

セミナー概要

日時 2017/02/14
会場 【東京】内田洋行ITソリューションズ 本社 会議室1
アクセス

交通のご案内:
・都営地下鉄三田駅「御成門駅」下車、「A4」出口より徒歩約3分
・東京メトロ銀座線「新橋駅」下車、「8番」出口より徒歩13分
・JR山手線・京浜東北線・総武快速「新橋」下車、烏森口より徒歩約12分

参加費 無料
主催 株式会社内田洋行ITソリューションズ
共催 株式会社内田洋行

セミナー内容

セミナー3
特別講演
13:00~14:20

「2017 年 日本経済と世界経済の行方」~日本の進む道~

 講師  第一生命経済研究所 経済調査部・主席エコノミスト永濱 利廣 氏
nagahama 略歴 

 経済財政諮問会議政策コメンテーター、総務省消費統計研究会委員、景気循環学会理事兼事務局長、一橋大学大学院商学研究科非常勤講師、跡見学園女子大学非常勤講師、国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、㈱あしぎん総合研究所客員研究員、あしかが輝き大使、佐野ふるさと特使。景気循環学会中原奨励賞

 著書 

「経済指標はこう読む」(平凡社新書)
「中学生でもわかる経済学」(KK ベストセラーズ)
「スクリューフレーション・ショック」(朝日新聞出版)
「男性不況」(東洋経済新報社)
「 図解90 分でわかる!日本で一番やさしい『アベノミクス』超入門」(東洋経済新報社)
「図解90 分でわかる!日本で一番やさしい『財政危機』超入門」(東洋経済新報社)
「 エコノミストが教える経済指標の本当の使い方」(平凡社)
「知識ゼロからの経済指標」(幻冬舎)
「狼と香辛料で面白いほどわかるお金のしくみ」(KADOKAWA 中経出版)
「日本経済 黄金期前夜」(東洋経済新報社)等。

セミナー4
14:40~15:30

「建設産業をめぐるIT 施策の動向と今後の戦略」

 講師  株式会社日刊建設通信新聞社 取締役 編集局長 秋山 寿徳 氏
akiyama

 建設業界は、人口減少と高齢化に伴う将来の担い手確保・育成を見据え、処遇改善や生産性向上に本腰を入れて行政や関係機関と連携した取り組みを進めております。「担い手確保・育成」「生産性向上」は、喫緊かつ最重要の大命題となっており、現場にはIT を活用した新たな潮流が示されております。当講演では建設産業をめぐる施策の動向とゼネコンなどの今後の戦略についてお話を致します。

セミナー8
15:50~16:40

「Usolia 建設業向けERP システム(PROCES.S)」
~基幹業務の更なる効率化、工事支援ツール連携事例~

 講師  株式会社内田洋行ITソリューションズ

 全国で300 社以上の導入実績を誇るUsolia 建設業向けERP システム(PROCES.S) は、建設業における基幹業務( 会計・原価管理・支払・請求入金・JV 管理・給与労賃 等) を全て網羅したトータルシステムです。
今回は、基幹業務の更なる効率化の施策として、生産性向上に資する工事支援ツールの連携事例を紹介します。

セミナー10
16:50~17:40

「待ったなし!改正個人情報保護法」
~企業を取り巻く情報セキュリティリスクの事例と対策~

 講師  株式会社インターコム 営業本部 クライアント管理グループ 中山 理美 氏

 近年、添付メールによるウイルス感染や顧客情報の売却など、企業を取り巻く情報セキュリティリスクは多様化しています。また、2017 年5 月末には改正個人情報保護法が施行され、すべての事業者は個人情報の取扱いに関するやり取りの記録と一定期間の保存が義務化されます。
本セミナーでは、様々な情報セキュリティリスクの事例と改正個人情報保護法について、情報漏洩対策ツール「MaLion」を使用した対策方法をご紹介いたします。

展示内容 10:00 – 18:00

建設業に特化した完全Web型ERPシステム
by 株式会社内田洋行ITソリューションズ建設業ERPシステム「PROCES.S」

お問合せ先
首都圏事業本部フェア事務局
TEL:03-5777-6651 FAX:03-5777-6732

◾講演内容は、予告なく変更される場合があります。
◾競合他社様、個人事業主の方のご参加は、ご遠慮いただいておりますのでご了承ください。
◾セミナー参加お申込みでご提供いただく個人情報は、株式会社内田洋行ITソリューションズの個人情報保護方針に基づき厳重に管理します。
個人情報保護方針については、こちらをご確認ください。
◾席数は限りがあるため、お申込み多数の場合は、誠に勝手ながら抽選とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

※こちらのセミナーは終了いたしました

建設業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。