ご安全に

ご安全に

同じ会社内では「お疲れ様です。」、社外では「お世話になっております。」等、ビジネスにおいて場面場面でお馴染みの挨拶があるかと存じます。今回ご紹介する「ご安全に」は、建設工事業のように常日頃危険と隣り合わせの職場で利用されている挨拶です。

「ご安全に」とは?

「ご安全に」とは、主に作業現場で使用される挨拶の一種です。危険な現場で仕事をする従業員同士が安全を啓蒙するために使用します。

「ご安全に」は、昔ドイツの炭鉱夫たちの間で使われていた「ご無事で!(グリュックアウフ)」という挨拶が由来とされています。日本では昭和28年に住友金属工業で「ご安全に!」が使われ、その後建設業をはじめとした各業界にて挨拶運動が広まったとされています。

安全を意識する「安全大会」

日常的に挨拶として「ご安全に」を利用する建設工事業ですが、安全に対する意識を高める為に行っている行事もあります。中央労働災害防止協会(中災防)が行っているキャンペーンである「全国安全週間」は、労働災害防止活動の推進を図り、安全に対する意識と職場の安全活動のより一層の向上に取り組む週間とされています。 昭和3年に第1回が実施されて以来、一度も中断することなく続けられ、2019年で第92回を迎えるようです。

他業種に比べて労働災害が多いとされている建設工事業では、この全国安全週間を迎える前に「安全大会」を開催します。「安全大会」とは会社や組織ごとに建設現場や製造現場など、労働災害が発生しやすい業界で、労働災害防止活動の活性化と安全衛生意識を促していくための取り組みです。企業によってその内容は変わるようですが、グループワークやチーム発表会等を取り入れ、現場に携わる様々な従業員の安全意識を高めるいい機会となっているようです。

「ご安全に」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

なぜ工期短縮が労働環境改善に繋がらないのか~働き方改革のチャンスに備える~

なぜ工期短縮が労働環境改善に繋がらないのか~働き方改革のチャンスに備える~

国土交通省の算出によると平成27年時点で建設業界の就業人・・・

⇒記事を読む

建設業界における労務管理の在り方

建設業界における労務管理の在り方

2019年4月、長時間労働を規制する改正労働基準法が施行されることとなり・・・

⇒記事を読む

建設業における雇用の動向及び改善について

我が国の建設業界における雇用情勢は依然として厳しい状況が続いて・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。