BIM(Building Information Modeling)

bim_dictionary@head_CON

国土交通省は、建設現場の生産性向上を図るi-Construction の推進に向けて、BIMガイドラインの改定等を行い、発注者指定等によるBIM活用に対応したものとするとともに、施工段階でのBIM活用方法についての充実を図りました。

BIMとは?

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称です。コンピューター上に現実と同じ建物の立体モデル(BIMモデル)を再現して、よりよい建物づくりに活用していく仕組みです。

BIMモデルは、オブジェクトの集合体であるため、建材パーツには幅や奥行き、高さに加え、素材や組み立てる工程(時間)なども盛り込め、図面以外の多くのデータを引き出せます。構造体の入力、設備機器も再現可能です。設備機器には品番、メーカー、価格なども詳しく入れられるため、メンテナンスや資材管理にも使えます。

例えば設計のプレゼンテーションにおいて3D-CG画像として使用されたり、施工の段階において壁の内部の見えない配管を画像出力したりもします。また、設計の段階において耐久性のシミュレーションに使用されたり、補修の段階において分析のために使用されたりもします。

3DCADとの違い

3次元データ、と聞くと3DCADと同じようなもの?と考えられるかもしれません。

これまでの3次元モデルは、2次元の図面を作ってから3次元の形状を組み立て、CGでシミュレーションするという流れが主流でした。修正が入ってしまうと関連する2次元の図面を全て修正してから、やり直す必要があり、大変手間がかかっていました。

BIMモデルは、BIM対応の3次元CADで作成します。最初から3次元で設計し、3次元から2次元図面を切り出して作成することで、モデルの編集に追従した設計図書の管理が可能です。BIMモデルを部分的に修正しても、関係する部分は全て自動反映され、図面間の整合性を常に保てます。

【参考文献】

・BIMナビより
https://www.cadjapan.com/special/bim-navi/know/difference.html

・報道発表資料:第1回「BIM/CIM推進委員会」の開催 – 国土交通省より
http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000508.html

「BIM(Building Information Modeling)」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

進むi-Construction建設現場ドローン活用事例

進むi-Construction建設現場ドローン活用事例

「空の産業革命」と呼ばれるドローンは静止画・動画の撮影だけでなく、輸・・・

⇒記事を読む

i-Construction 現状と展望

i-Construction 現状と展望

国土交通省は、2025年度までに建設現場の生産性を20%向上・・・

⇒記事を読む

i-Constructionとは?~国交省が描く建設産業の未来~

i-Constructionとは?~国交省が描く建設産業の未来~

国土交通省(以下、国交省)は2015年12月に「ICT技術の・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。