歩掛

歩掛

建設業における労務費計算は「歩掛」なしでは出来ません。

歩掛とは?

歩掛(ぶがかり)とは、ひとつの作業を行うにあたり、必要な作業の手間を数値化したものです。国土交通省では建設工事、電気工事、機械設備工事それぞれの「標準歩掛」を毎年制定しており、国土交通省のホームページでも閲覧できます。歩掛は作業現場や材料、施工方法によって異なるので、状況に応じて都度調整する必要があります。

歩掛の計算方法

歩掛を計算で求めるとき、例えば1つの作業を1人で1時間かかるとして、その人が7.5時間働いた場合の歩掛は以下のようになります。

歩掛=(1人x1時間)÷7.5時間 = 0.13

もし、この作業を10箇所分行うとなると、歩掛は以下のようになります。

0.13 x 10 = 1.3

歩掛を用いると労務費も導き出すことが可能です。

労務費=所要人数(設計作業量×該当作業の歩掛)×労務単価(基本日額+割増賃金)

「歩掛」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

kato450_300

建設業界における労務管理の在り方

キーワードその1は「KAROUSHI」です。過労死は日本独特の現象で、・・・

⇒記事を読む

column-index_20180220_min

建設業における雇用の動向及び改善について

我が国の建設業界における雇用情勢は依然として厳しい・・・

⇒記事を読む

column-index_20170320_min

給与と外注費の取り扱いにおける留意点

建設業において社外協力者との連携による外注費の発生は不可避です・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。