CIM(Construction Information Modeling)

cim_dictionary@head_CON

国土交通省は建設業の生産性向上を目的として、ICT(情報通信技術)活用の取り組みを以前より行ってきました。平成24年度からスタートしたCIMでは試行事業を通じて段階的に検証が行われ、平成28年度からはi-Constructionとして発展しICTの活用がさらに拡大しています。

CIMとは?

CIM(Construction Information Modeling / Management)は、計画、調査、設計段階から3次元モデルを導入することにより、その後の施工、維持管理の各段階においても3次元モデルを連携・発展させて事業全体にわたる関係者間の情報共有を容易にし、一連の建設生産システムの効率化・高度化を図ることを目的とした取り組みを指します。建築分野で進められていたBIMに倣ってスタートしました。

CIMの導入においては、2次元図面から3次元モデルへの移行による業務変革やフロントローディングによって、合意形成の迅速化、業務効率化、品質向上、生産性向上などの効果が期待されます。

CIM導入のメリット

3次元モデルを利用する、と聞くと手に負える代物なのか、と不安に感じる方は少なくないと思います。CIMを導入することで、以下のようなメリットが期待できます。

  • ① 共同作業により、説明のための資料作成が削減される。
  • ② 共同作業により、ワンストップで意志決定が可能となり、手待ち時間が短くなる
  • ③ 並行作業により、離れた場所でも作業分担が可能

以前までの通常作業工程だと、途切れがちで孤立していた作業のせいで資料作成を余儀なくされ、意思決定に時間がかかり、1つの作業現場でなければ作業が進められない、といった問題があったかと思います。CIMを導入し並行・共同作業工程になれば、これらの問題を緩和することが可能になります。

【参考文献】

・CIM | 国土交通省 技術調査課 建設システム管理企画より
http://www.mlit.go.jp/tec/it/

・一般財団法人日本建設情報総合センター JACICより
http://www.cals.jacic.or.jp/CIM/cim/merit.html

「CIM(Construction Information Modeling)」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

i-Construction 現状と展望

i-Construction 現状と展望

国土交通省は、2025年度までに建設現場の生産性を20%向上・・・

⇒記事を読む

tanoguchi_450_300

建設産業の最新動向 生産性向上や働き方改革への取り組み

国土交通省は2017年を「生産性革命元年」と位置づけ、生産性革命に取り組む姿勢・・・

⇒記事を読む

i-Constructionとは?~国交省が描く建設産業の未来~

i-Constructionとは?~国交省が描く建設産業の未来~

国土交通省(以下、国交省)は2015年12月に「ICT技術の・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。