ドローン

ドローン

様々なメディアで見かけるドローン。法整備が整い、活用の場面が広がっています。

ドローンとは?

ドローンとは、無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称です。マルチコプターやラジコンとは異なり、GPSやプログラミングで遠隔地でも自立飛行が可能です。

2015年には航空法の一部が改正され、ドローンを含む無人航空機の飛行ルールが新たに導入されました。下記のエリアは許可を得なければドローン等の無人航空機を飛ばすことができません。他にも電波法や小型無人機等飛行禁止法などでドローン飛行が制限されることがあるため、利用時にはルールを確認しましょう。

  • ・空港周辺
  • ・人口集中地区
  • ・150メートル以上の高さの空域

ドローン活用場面

ドローンは家電量販店でも取扱いがあり、一般消費者でもホビー用として手に入れることが可能です。他にもドローンには下記のような活用方法があります。

測量・調査 建設工事に携わる企業は測量や劣化状況の調査のためにドローンを活用することがあります。3Dモデリングができるカメラやサーモグラフィーによる温度を計れるカメラ等、多様な機材を導入し、高度なドローン活用をします。屋根、橋梁、その他施設の劣化状況などの調査を行います。
プロモーション・広告 企業・店舗・施設などの撮影を行い、ホームページやパンフレット・プロモーション動画などに利用するために撮影を行います。100万円以下の比較的安価なドローンで撮影を行えるため、プロモーション用空撮をドローンで行う会社が増加傾向にあります。
大規模災害の被災地調査 大規模な災害が発生した場合に、ドローンを利用して被災地調査を行うことがあります。ドローンの活用範囲は「一定エリア内の被災状況の把握」「被災箇所の詳細な状況の把握」「人家や施設等に影響を与える地山部分等における影響の把握」とされています。ヘリコプターでは確認できないような低い高度から詳細を確認したい場合などに活用されるようです。

「ドローン」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

進むi-Construction建設現場ドローン活用事例

進むi-Construction建設現場ドローン活用事例

「空の産業革命」と呼ばれるドローンは静止画・動画の撮影だけでなく、輸・・・

⇒記事を読む

i-Constructionとは?~国交省が描く建設産業の未来~

i-Constructionとは?~国交省が描く建設産業の未来~

国土交通省(以下、国交省)は2015年12月に「ICT技術の・・・

⇒記事を読む

i-Construction 現状と展望

i-Construction 現状と展望

国土交通省は、2025年度までに建設現場の生産性を20%向上・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。