ゼネコン

ゼネコン

建設工事業、と一括りにいってもそれぞれの専門工事によって業務内容は全く異なります。その中でもよく耳にする「ゼネコン」とは一体何をする会社なのでしょうか?

ゼネコンとは?

ゼネコンとは、general contractorの略です。マンションやビル、その他の施設の建設を、上流から下流まで一気通貫で請け負うということで、「総合建設業者」とも呼ばれています。「総合」と名がついていますが、ゼネコンは自社で全ての工事を行うわけではありません。実際には資本が多く、技術に優れたゼネコンが元請として受注し、それぞれの作業に適した専門工事の協力会社が下請として工事を行うことが多いです。ゼネコンはこれらの下請け工事を含む施行全体の管理を行う役割を担います。

ゼネコンの定義

ゼネコンを定義づける要素として「一つの会社で設計・施工・研究を行っているか」が重要です。

ゼネコンは不動産ディベロッパーとの窓口になっており、設計図の作成依頼や施工見積、使用する資材の範囲や品質相談等多岐にわたるやり取りが発生します。
このため、ただ施行できるだけ、設計できるだけでは対応できないのです。

ゼネコンはこれまで請け負った設計・施工で得たノウハウを活用して、さらなる施工品質向上やコストダウンを目指し、建設技術研究を行う必要もあります。これは減らない需要、減少する労働人口で工期を遅らせることなく工事を進められるよう、建設技術を進化する必要があるからです。特に近年建設業界ではIT活用が推奨されており、BIMやドローン、タブレット利用をゼネコンが主導しているケースが多くあります。

「ゼネコン」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

i-Constructionとは?~国交省が描く建設産業の未来~

i-Constructionとは?~国交省が描く建設産業の未来~

国土交通省(以下、国交省)は2015年12月に「ICT技術の・・・

⇒記事を読む

進むi-Construction建設現場ドローン活用事例

進むi-Construction建設現場ドローン活用事例

「空の産業革命」と呼ばれるドローンは静止画・動画の撮影だけでなく、輸・・・

⇒記事を読む

i-Construction 現状と展望

i-Construction 現状と展望

国土交通省は、2025年度までに建設現場の生産性を20%向上・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。