建設業会計

建設業会計

建設工事業は特殊な業態であることから一般的な商業簿記とは異なった会計処理を行います。

建設業会計とは?

建設業会計は、建設工事業を除く企業において用いられる一般会計とは勘定科目等が異なる、建設業特有の会計処理です。建設業会計が特殊であるのは建設工事業が、①受注から引き渡しまでの期間が長期にわたること、②受注金額が工事開始時に原則として確定していること、③長期工事の場合前受金等授受の慣行があることなど、特殊な性質をもつためです。個別の会社が採用している処理方法があるため、経理に携わるには少々時間がかかるかもしれません。

建設業会計における勘定科目の違い

建設業会計では商業簿記などで用いられる勘定科目とは一部名称が異なるものがあります。一般的な簿記を理解していれば内容理解は比較的易しいです。

  • ●「売上高→完成工事高(工事収益)」
  • ●「売上原価→(完成)工事原価」
  • ●「売掛金→(完成)工事未収入金」
  • ●「仕掛品→未成工事支出金」
  • ●「買掛金→工事未払金」
  • ●「前受金→未成工事受入金(工事前受金)」

「建設業会計」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

なぜ建設業会計が必要なのか?

なぜ建設業会計が必要なのか?-「未成工事支出金」の意味を考える-

「建設業会計」と呼ばれる独特の経理方法があるように建設業とそれ以外の業種では会計制度が・・・・

⇒記事を読む

会計と経営戦略

会計と経営戦略

会社の業績を測定するためのツールである「会計」ですが、「結果」を表す「数値」としてだけではなく・・・

⇒記事を読む

会計と時間 – マイナス金利時代の割引率

「会計と時間 – マイナス金利時代の割引率」

会計業界に対しても大きなインパクトを持つ日本銀行のマイナス金利政策導入について・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。