工事未払金

工事未払金

建設業における会計処理や仕訳においては一般の商品売買業などとは異なる勘定科目を使用します。

工事未払金とは?

建設業会計における『工事未払金』とは、材料購入代金などの工事費について、未払の金額を処理する負債勘定をいい、一般商品売買の「買掛金」に相当するものをいいます。

「工事未払金」と「未払い金」は異なる

一般会計上の「買掛金」と「未払い金」の意味が異なるように、「工事未払い金」と「未払金」も意味が異なります。

工事未払金は、労務費や外注費のみならず、工事原価に算入される材料貯蔵品等の購入代金も含まれます(勘定科目分類)。一方で、販売費及び一般管理費の支払いや、固定資産の取得や建設のための未払金は含まれません。

「工事未払金」に関連した記事は以下の通りです。

建設業特有の引当金について

建設業特有の引当金について

今回は、「建設業特有の引当金」についてレポートしたいと思います。そもそも「引・・・

⇒記事を読む

なぜ建設業会計が必要なのか?

なぜ建設業会計が必要なのか?-「未成工事支出金」の意味を考える-

「建設業会計」と呼ばれる独特の経理方法があるように建設業とそれ以外の業種では会計制度が・・・・

⇒記事を読む

column-index_20170320_min

給与と外注費の取り扱いにおける留意点

コスト削減の目的から事実上の「給与支給者」を「個人事業主」として独立させ、「外注」として・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。