工事原価(構成要素)

工事原価(構成要素)

工事原価は各区分(材料費、労務費、外注費、経費)から構成されます。

工事原価の「材料費」とは?

建設業の工事原価計算における材料費とは、 工事の施工のために直接購入された素材などの物品 を指します。

材料費は材料を購入した時点では原価には計上されず、その材料を消費した時点ではじめて原価として計上するため、材料の受払簿を記録し、材料の使用状況や在庫を把握することが原則になります。

工事原価の「労務費」とは?

労務費とは、一般的に直接工事に従事する人、技術や現場事務に携わる人、営業や一般管理を行う人などの賃金や法定福利費などを指します。

一方、建設業の工事原価計算における労務費とは、このうち 直接工事に従事する人に対する賃金や法定福利費など を指します。

工事原価の「外注費」とは?

建設業の工事原価計算における外注費とは、 工事の施工における工種・工程の一部を他の業者に発注するための費用 を指します。

通常原価の区分分けは、材料費、労務費、経費の3区分となりますが、建設業においては工事原価のうち外注費の占める割合が多く、原価管理の観点から重要といえます。そのため、建設業の工事原価計算においては、経費のうち外注費を独立させて管理することが多いです。

工事原価の「経費」とは?

建設業の工事原価計算における経費とは、 材料費、労務費、外注費のいずれの原価要素にも該当しないすべての費用 をいいます。

上述の材料費、労務費、外注費は、ほとんどが直接工事費(工事に直接関わる費用)であるのに対し、経費に関しては、直接工事費のほかに間接工事費(特定の工事に直接関係のない間接的な費用)も含みます。

【参考文献】

・建設業トータルオフィス橋本税理士・行政書士事務所より
http://www.kensetsutax.com/14739809504447

「工事原価(構成要素)」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

部門別会計の重要性

部門別会計の重要性

部門別会計は、経営者や管理者が社内の状況・・・

⇒記事を読む

建設業における実行予算について

建設業における実行予算について

建設業は他の業種に比べ、「受注請負産業である」「生産現場毎・・・

⇒記事を読む

column-index_20171120_min

収益認識に関する会計基準と建設業における影響について

日本における収益認識は、「売上高は、実現主義の原則に従い、商品・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。