RC造

RC造

物件情報などで見かけることのある「RC造」。一体どういった意味をあらわすのでしょうか?

RC造とは?

RC造の「RC」とはReinforced Concreteの略で、柱や梁などの主要構造部に鉄筋とコンクリートを組み合わせた鉄筋コンクリートを用いることを指します。圧縮力に強い一方で脆いコンクリートと、引っ張る力に強い鉄筋で補強しているため、木造と比較して耐久性、耐震性、耐火性に優れています。最近では高強度コンクリートが開発され、超高層建築物でもRC造が採用されていることがあります。

RC造の特徴

RC造は前述したように頑丈で地震や家事にも強い特性から、マンション等で多く採用されています。遮音性も高く、音が気になりやすい居住空間には向いているといえます。一方で、熱伝導率が高いため、夏場は暑く、冬場は寒くなりやすいです。気密性が高いことから、カビが発生しやすいともされています。

「RC造」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

2020年以降の建設業界

2020年以降の建設業界

現在、建設業界においては、「建設バブル」と言われるほど・・・

⇒記事を読む

消費税引上げに伴う建設業における取扱い①

消費税引上げに伴う建設業における取扱い①

2019年10月1日に消費税率の引上げがなされ、国内において行われ・・・

⇒記事を読む

新収益基準の建設業に与える影響①

新収益基準の建設業に与える影響①

企業会計基準委員会(ASBJ)は、平成30年3月30日に・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。