リノベーション

リノベーション

最近よく聞く「リノベーション」。住宅購入を検討する人々の間では人気を博しているようです。

リノベーションとは?

リノベーションとは、既存の建物に対して大規模な工事を行い、機能を向上させたり価値を高めたりすることを指します。デザインを一新するだけではなく、壁の耐久性を強化したり、利用する人の置かれた環境に合わせて間取りや設備などを再考するような改修です。

日本では最近よく耳にするようになったかと思いますが、海外ではリノベーションが盛んです。新築が高価値とされる日本に対して、欧米では住宅は「長く使い改良を重ねるもの」という考えがあり、新築に対して特別価値を感じるというわけではないようです。

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションよりも耳にすることの多い「リフォーム」。老朽化した、もしくは壊れてしまった部分をきれいにしたり直したりすることを指します。リノベーションと意味合いはほとんど変わりません。これらの違いは①工事の規模と②改修後の機能・価値にあります。

①工事の規模

リノベーションは前述の通り、間取りや設備から見直す大規模な工事を行います。時に仕切となっている壁を壊したり、配線・配管の位置を変更することがあります。 一方でリフォームは建物内部全体を変更するのではなく、現状では使えない状態となっている一角を改修する比較的小規模な工事であることが多いです。

②改修後の機能・価値

これも前述している通り、リノベーションは改修前に比べて改修後は機能・価値がともに向上します。耐震・耐久性が向上していたり、風の通りや採光などを自由にオーダーできるため、建物の価値が改修前後で変わります。 一方、リフォームは現状使えない部分を使えるようにする、いわゆる機能回復を目的としています。元の状態に戻すため、機能は向上しないことが多いです。

「リノベーション」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

消費税引上げに伴う建設業における取扱い①

消費税引上げに伴う建設業における取扱い①

2019年10月1日に消費税率の引上げがなされ、国内において行われ・・・

⇒記事を読む

新収益基準の建設業に与える影響①

新収益基準の建設業に与える影響①

企業会計基準委員会(ASBJ)は、平成30年3月30日に・・・

⇒記事を読む

建設業界における海外進出の動向とリスク

新聞などでも、2019年をピークに縮小していくと言われている建設市場が国内の需要も確保しつつ・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。