サブコン

サブコン

建設工事業、と一括りにいってもそれぞれの専門工事によって業務内容は全く異なります。その中でもよく耳にする「サブコン」とは一体何をする会社なのでしょうか?

サブコンとは?

サブコンとは、sub contractorの略です。建設工事における専門的な分野に関して、部分的に請け負う「下請け」に当たる企業です。対になる元請けは、ゼネコンと呼ばれており、サブコンはゼネコンから発注された部分的工事を担当します。

サブコンをさらに細かくみると、基礎工事となる杭工事や鉄筋工事、内装を手掛ける防水工事や左官工事、実用的な設備を取り付ける電気設備工事や空気調和設備工事など多岐にわたります。ゼネコンとサブコンは互いに協力関係にあり、どちらも建設工事を進めていく上で欠かせません。

ゼネコンとサブコンの関係性

上記の通り、建設工事現場においてゼネコンとサブコンは協力関係にあります。一昔前には下請協力会が組織されており、決まった協力会に加入する元請から仕事をもらうことが出来ていたようです。

しかし、近年は受注が激化しているため、ゼネコンは市場競争に基づいて技術とコストを鑑みて、サブコンを選ぶようになっています。

「サブコン」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

建設産業の最新動向 生産性向上や働き方改革への取り組み

建設投資額はピーク時の1992年度84兆円から、リーマンショック後の20・・・

⇒記事を読む

~1分の1スケールの図面実寸投影で建設現場に革命を~GyroEye Holoのご紹介

当社は空間情報を強みとするシステムインテグレータです。約40年前にCADシス・・・

⇒記事を読む

前川 研吾

いま、建設業界で注目を集めるマルチクラフター(多能工)とは

英語のマルチは「複数の」、クラフターは「手に職を持った人」という意味・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。