VR

VR

VR技術を活用した映像コンテンツが近年では注目されています。エンターテイメント目的だけではなく、VR技術はビジネスとして様々な業界で活用されるようになりました。

VRとは?

VRとは、Virtual Reality(バーチャル・リアリティー)の略で、「仮想現実」とも言われます。
専用機器を用いることで、目の前の現実とは異なる現実を体験できます。

医療の分野では内視鏡手術、電車の運転士や航空機のパイロットは実技訓練、と様々な分野でVRが活用されています。

従来のVRは、利用する際に専用ゴーグルを装着する必要がありました。現在は、Webブラウザを通して視聴できる「WebVR」が注目されています。VRは今後、遠隔地の会議システムやECサイト等多方面での活用が期待されています。

建設業におけるVR活用

建設現場作業員のトレーニング

工事の現場をVRで再現し、再現した仮想環境で体験型VRトレーニングを行います。
現場作業員の研修・安全衛生教育をおこなうことで、事故防止に役立てることができます。
BIMモデルと組み合わせることによって施工点検などの訓練にも役立てられます。

工事の前に現場の状況を確認

現場の地形や足場、重機などの現場全体をあらかじめ3D化して、工事を実際に行う前に危険な箇所や作業がないかを確認することができます。VRでは視点の移動が自由に行えるため、通常では行えないような細部まで安全管理を行うことが可能です。

「VR」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

~1分の1スケールの図面実寸投影で建設現場に革命を~GyroEye Holoのご紹介

当社は空間情報を強みとするシステムインテグレータです。約40年前にCADシス・・・

⇒記事を読む

進むi-Construction建設現場ドローン活用事例

進むi-Construction建設現場ドローン活用事例

「空の産業革命」と呼ばれるドローンは静止画・動画の撮影だけでなく、輸・・・

⇒記事を読む

i-Construction 現状と展望

i-Construction 現状と展望

国土交通省は、2025年度までに建設現場の生産性を20%向上・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

建設工事業ERPシステムPROCES.Sについてお気軽にご相談ください。