ERPの種類

ERPの種類

ITツールやシステムを導入するにあたって、最近ではメジャーとなってきている「クラウド型」。
当初はファイルの共有やメール等で利用されておりましたが、企業のデータ管理を包括的に行うERPシステムでもクラウド対応が進んでいます。
従来のオンプレミス型との違いについてご紹介します。

オンプレミス型ERP

オンプレミス型ではサーバーやネットワーク機器などを自社内に準備する必要があります。そして設置して終わりではなく、利用を続ける間それらを管理し続けなくてはなりません。こうした環境の構築は珍しい話ではなく、今でも一般的に企業で行われていることです。

オンプレミス型ERPのメリット

①セキュリティが強固

社内のローカルネットワークを使用し運用するため、外部への情報漏えいやインターネット経由の攻撃からのリスクが少なくなります。

②既存資産の有効活用

社内の技術者のノウハウを流用することで、既存の基幹システムをERPに取り込める場合があります。

オンプレミス型ERPのデメリット

①イニシャルコストが高い

上記の通り、オンプレミス型ERPはハードウェアが必要です。これらはすべて自前となるため、レンタルなどの方法はあってもやはりコストが高くつきます。

②運用コストが高い

自社でサーバー管理する場合、保守にかかる人件費やサーバールームの警備システムコスト、光熱費などがかかります。

クラウド型ERP

クラウド型ERPは、ERPの機能をクラウド環境で使用できるようにしたものです。運用・管理をベンダーに任せられることが多く、オンプレミス型からクラウド型へ移行する企業も増加しつつあります。

クラウド型ERPのメリット

①低コストで導入可能

クラウド型ERPはハードウェアの購入・準備等の必要がなく、イニシャルコストが低いです。

②システム運用・管理コスト削減

システムのバージョン管理や運用をベンダーに任せられることが多く、システムが常に最新の状態で利用できます。

クラウド型ERPのデメリット

①カスタマイズ可否

ベンダーが提供しているシステムのクラウド環境によっては、希望のカスタマイズが出来ない場合があります。

②インターネット環境がなければ利用できない

クラウド型ERPはオフラインで利用できません。障害発生時の対応をあらかじめ決めておく必要があります。

建設工事業向けERPシステム PROCES.S お問い合わせ

本製品「建設工事業向けERPシステム PROCES.S」のカタログ・導入事例集をご用意しております。


建設工事業向けERPシステム PROCES.S お問い合わせ

プライバシーマーク