人手不足

人手不足…
日本は少子高齢化により、年々労働人口が減少傾向にあります。特に建設・工事業は労働者の高齢化と入職希望者が少ないことから、深刻な人手不足に陥っています。事業を継続・発展させるためには、労働環境改善による入職者の増加施策、もしくは少人数でも業務を無理なく遂行出来る仕組みづくりが必要です。

建設業のための人手不足対策のお役立ちダウンロード資料ご案内

人手不足対策にお悩みのお客様へ、各建設業務ソリューションをまとめたお役立ち資料をご用意しております!


人手不足を解決する3つの取り組み

長時間労働の是正に関する取り組み

長時間労働の是正に関する取り組み

常態化した長時間労働により、建設業ではこれまで労働基準法改正における残業上限規制に5年の猶予が与えられていました。
建設業の長時間労働問題を解決するため、国土交通省は国の直轄工事や公共工事を原則週休2日とし、建設従事者の休暇取得を後押ししています。

給与・社会保険に関する取り組み

給与・社会保険に関する取り組み

技能や経験にふさわしい給与が実現するよう、建設従事者の能力を評価する建設キャリアアップシステムが導入されました。
また、国土交通省は従業員の安全を保証するために、社会保険の加入を絶対条件と定め、これを怠る企業は建設業許可の申請や更新を認めない仕組みとなりました。

生産性向上に関する取り組み

生産性向上に関する取り組み

従業員の負担軽減のために、国土交通省では生産性向上に取り組む企業の後押しをしています。
具体的な例を挙げると、工事書類作成の負担を軽減させるためにシステム化を図り、将来的な従事者人口を予測した技術者配置要件の見直しなどが行われています。

建設業のための人手不足対策のお役立ちダウンロード資料ご案内

人手不足対策にお悩みのお客様へ、各建設業務ソリューションをまとめたお役立ち資料をご用意しております!


プライバシーマーク