テレワークに対応したい

テレワーク=在宅勤務ではありません。
テレワーク(telework)とは、「tele = 離れたところ」と「work = 働く」をあわせた造語で、情報通信機器を活用し「遠隔で仕事をすること」を意味しています。会社(事務所)に戻らず仕事を行えばそれは「テレワーク」となります。
建設業で「テレワーク」というと敬遠されがちですが、正しい意味を理解すると建設業は本来テレワークに馴染みやすい業種であるということができ、コロナ禍でニーズも高まっています。
最大のメリットは、現場と会社の移動時間を削減できること。時間や場所の制約を受けない柔軟的な働き方を目指すことができます。
テレワークを始めるにあたり、まずテレワークでできる業務とできない業務について棚卸が必要です。その上で目的にあったシステムを選択することが重要です。

インターネット環境があれば場所を選ばず利用可能

クラウドに対応したWebシステム PROCES.S

クラウド版PROCES.Sは、Webシステムのため場所を選ばず利用でき、全社員参加型のシステム構築ができます。
いつも会社で行っている仕訳データの入力や発注業務、帳票・データ出力等をテレワークで行うことが可能になります。
そのため、災害時やコロナ禍等の緊急事態発生時のBCP対策としても非常に有効です。
お客様のニーズに合わせ、導入形態を選択いただけます。

建設工事業ERPシステム PROCES.S クラウド/オンプレミス

クラウド版PROCES.Sのメリット

コスト面でもメリットあり!

  • インターネット環境があれば社外でもシステム利用が可能
  • 初期費用が抑えられる
  • システムの安全性を確保できる
  • 見えないコスト(管理者・電気・スペース等)を軽減できる

※PROCES.SはIT導入補助金の対象です。

テレワーク

テレワークをさらに便利にするために

その他テレワークに役立つツールをご紹介

クラウド型グループウェア「Garoon」
クラウド型グループウェア「Garoon」

テレワークでも
円滑な情報共有を可能に

「Garoon」はビジネスをストレスフリーにするクラウド型グループウェアです。スケジュール等の機能がワンパッケージで揃っているので、社内の煩雑な申請業務や膨大な社内情報の管理が効率化されます。

勤怠管理システム「Touch On Time」
勤怠管理システム「Touch On Time」

自宅からでも可能な
タイムカード不要の出退勤管理。

賃金計算のミスによるリスクと法制改正への対応や、勤怠管理・就業管理データが経営に生かされない、勤務シフトを組むのが大変など勤怠管理にお悩みを抱えた会社様向け勤怠管理システムです。

電子帳票システム「i-Reporter」
電子帳票システム「i-Reporter」

テレワークのネックとなる
紙でのやり取りを電子化!

タブレットでペーパーレス化を実現するシステムです。既存の帳票をそのまま使える「現場帳票」。iPad,iPhone,Windowsタブレットを使用した、ペーパーレス電子帳票記録・報告・閲覧のスタイルを提供します。

リモートアクセス「Remote View」
リモートアクセス「Remote View」

自宅などのテレワーク環境から
会社のパソコンを自由に操作

いつでもどこでも自分のパソコンに接続し、業務の処理や電子メールを送受信できる遠隔制御ソリューションです。PCの他、スマートフォンや、タブレットPCも使用可能で、高度なセキュリティを保持しています。

製品・サービスに関する情報、資料請求はこちら

建設工事業ERPシステム PROCES.S


建設業に特化した、完全Web型ERPシステムです。
業務ごとの多様なモジュールラインナップで建設業や工事業の各業務の支援をします。
30年以上の「豊富な経験」と約350社にご導入させて頂いた「確かな実績」があり、常にお客様のご要望や培ってきたノウハウを活かし進化し続けているパッケージソフトです。

資料請求

       
プライバシーマーク
   

建設・工事業様向けの
WEBマガジンを無料でダウンロード!

建設ITマガジン