リアルタイムな予実管理を行いたい

工期が長く、費目や金額の多さから、建設工事業が利益を拡大させるためには、最終工事原価と利益の予測が重要となります。
この原価管理が徹底できず、工期が終わってから実行予算を超えていたことが発覚し、利益が減っていたということが建設工事業ではよく起こります。
自社の財務状況を正しく把握し、利益目標を達成するために現場ごとでの実行予算の作成を行い、実行予算を踏み外さないように日常の管理をしていくことが重要となります。
契約前の案件情報や受注後の工事情報の予想利益など、PROCES.Sではリアルタイムな原価管理が可能です。

利益予測を見える化

契約前の案件情報や受注後の工事情報の予想利益の管理が行えます。

■ 今後支出を含めた最終予想利益の確認が行えます。
■ 発注残についての確認も可能です。

最終予想利益の早期把握が可能です

リアルタイムな予実管理で利益を確保

■ 今後支出見込により、最終予想利益の早期把握が可能です。
■ 原価の予想と実績の把握ができますので、早期での赤字の発見や予算内工事への現場改善に役立ちます。

製品・サービスに関する情報、資料請求はこちら

建設工事業ERPシステム PROCES.S


建設業に特化した、完全Web型ERPシステムです。
業務ごとの多様なモジュールラインナップで建設業や工事業の各業務の支援をします。
30年以上の「豊富な経験」と約350社にご導入させて頂いた「確かな実績」があり、常にお客様のご要望や培ってきたノウハウを活かし進化し続けているパッケージソフトです。

資料請求

       
プライバシーマーク
   

建設・工事業様向けの
WEBマガジンを無料でダウンロード!

建設ITマガジン